Project Description

投資事例 No.001
「神保町ウォーキングテラス」

■プロジェクト概要

Coming up Soon..

■スペシャルコンテンツ

インベスターである五十嵐様の経営される医院と、ウォーキングテラスのフライヤーを掲載しております。

2015年8月30日に開催されたオープニングイベントのレポートを公開しております。

jwt150830記事

■ボイス

11911180_10204587448558627_715769325_n

五十嵐 健祐様(神保町ウォーキングテラス 代表)

私は実は投資家が嫌いでした。

お金だけ出して自分は汗水流さずにうまくいったら美味しいところだけ持っていく、
という勝手な偏見を持っていました。
その偏見は山本さんに出会い、全く変わりました。
今ではパッションアンドエナジーに投資をしていただいて本当によかったと感じています。

理由は大きく3つあります。

まず、パッションアンドエナジーの「投資姿勢」と合致したということです。

ITベンチャーを中心に事業の成長サイクルが非常に早く、数年後どうなっているかわかりません。
そんな時代だからこそ、100年後1000年後も必要とされる事業領域で、
普遍的に価値のあるサービスを、腰を据えて作っていくことが大事だと考えています。
私たちのチャレンジしているヘルスケアという事業領域ですが、妥協せず、
しっかりと基盤を作れば、時間は掛かりますが、将来的に非常に魅力のある市場だと考えています。

短期に数字を追い求めるのではなく、刹那的な時流に流されずに、世の中に本当に必要とされるサービスを作っていく、私たちの使命と一致しました。

第二に、超絶ハンズオン体制であるということです。

お金を出して終わりの投資家はもう必要ない時代になってきています。

ITのおかげで事業スタートに必要な資金はどんどん下がって来ていますし、
正直ある程度の自己資金もあり、投資家を入れないという選択肢は十分にありえました。

それなのになぜパッションアンドエナジーの投資を入れたか、それは超絶ハンズオン体制にあります。

まさに企業家の参謀役として、時に伴走者として、的確な助言、販路、メディア、提携先などネットワーク、
資金だけにとどまらずに山本さんのリソースを惜しみなく提供していただける姿勢には驚きました。

「世界のシンジヤマモトを贅沢に活用出来る」、これがわかりやすい端的な魅力です。

最後に、山本さんと一緒に仕事が出来るということです。

山本さんは御存知の通り、コンサルティング業界がまだ立ち上がった頃から長年コンサルタントの最前線でこの国を代表する企業を支えてきた人です。
その山本さんと一緒に仕事が出来るというのが最後にして最大の魅力です。

いわゆる投資家、起業家というかかわり方というより、「共同創業」という表現のほうが適切かも知れません。スタートアップはスピード命ですので、意思決定の速さ、緊張感は勿論ですが、
まさにパッションアンドエナジーという社名の通り、その疲労感を忘れるくらいエキサイティングな日々が待っています。

派手に一攫千金を狙いたい人には合わないかも知れません。
地味でもコツコツと世の中にしっかり役に立つものと作りたい、前例のないことにチャレンジしたい、そんな静かな情熱を山本さんはしっかりと応援してくれます。

投資先同士の連携や情報交換の機会も今後面白いかも知れません。ぜひ積極的にコンタクトしてみてください。